メスティンを使った超簡単な炊き込み牛丼♪

メスティン 炊き込み牛丼

先日購入したメスティンを使って、炊き込み牛丼を作ってみようと思います。

今回用意した食材は以下の通り。

米:1合
牛肉小間切れ:200g
玉ねぎ:1/2個
すき焼きのたれ:大さじ5
水:適量
その他、紅ショウガ・生卵・七味唐辛子 等々:お好みで

食材をメスティンに入れて火にかけるだけなので、とっても簡単です。

メスティン 炊き込み牛丼

まずは、米を洗ってメスティンにいれます。今回は、すき焼きのタレも加えますし、玉ねぎの水分もあるので、水は少なめにしてみました。(ハンドルのリベットの下くらい。)

このままフタをして、30分ほど浸水のために置いておきます。

メスティン 炊き込み牛丼

その間に、玉ねぎを切って用意しておきましょう。

メスティン 炊き込み牛丼

30分経ったらフタを開けて、すき焼きのタレ(大さじ2くらい)を加えてよく混ぜます。

メスティン 炊き込み牛丼

次に、お米の上に玉ねぎを並べていきます。かなり適当ですが(^^;

メスティン 炊き込み牛丼

その上に、お肉を載せます。(200gでギリギリイッパイですね。)

メスティン 炊き込み牛丼

もう一度玉ねぎを載せて、また最後にすき焼きのタレ(大さじ2〜3)を全体にかけます。

見ての通り(↑)溢れそうなボリュームなので、フタを閉めながら、ギュッと押し込んでおきました。

メスティン 炊き込み牛丼

あとは、普通の炊飯と同じように火にかけて炊きます。

今回も、ヤマメシの練習を兼ねているので、愛用のシングルバーナー(スノーピーク ギガパワーストーブ 地)を使いました。

メスティン 炊き込み牛丼

中火で約10分程すると吹きこぼれてくるので、弱火にしてさらに加熱を続けます。

弱火にしてから約15分くらい待ち、良い匂いが漂ってきたところで、火から下ろして蒸らします。

10分以上蒸らしたら、いよいよフタを開けてみますっ!

メスティン 炊き込み牛丼

おぉ!美味しそう!そして、すごくイイ匂い!

メスティンに食材を詰めて火にかけただけなんですが、しっかりと牛丼になっています♪

メスティン 炊き込み牛丼

生卵をかけて紅ショウガを載せて、最後に七味唐辛子をふりかけたら完成です!

というわけで、メスティンを使った炊き込み牛丼のご紹介でした。

全く手間もかからずに、本当に美味しい牛丼ができるので、是非お試しください♪

商品紹介


スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ 地 GS-100
スノーピーク(snow peak) (2012-03-12)
売り上げランキング: 57,143

スノーピーク(snow peak) マナイタセットL CS208
スノーピーク(snow peak) (2012-03-12)

エバラ すき焼のたれマイルド 500ml
エバラ
売り上げランキング: 15,050

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする