ユニフレームのクッカーセット「fan5 DX」でカレーライスを作る♪

ユニフレーム fan5 DX

以前から欲しいと思っていたユニフレームのクッカーセット「fan5 DX」を購入しました。

ギリギリまで、スノーピークの「フィールドクッカー PRO1」と迷っていたんですが、色々なサイトのレビューを読んで、最終的に「fan5 DX」の方を選びました。

一番の理由は、炊飯専用の「ライスクッカーDX」が含まれているという点です。さらには、それぞれの鍋の厚みや耐久性にも大きな違いがあるそうです。

ユニフレーム fan5 DX

収納時のサイズは約φ230×195mmで、総重量は約3kgです。
専用のメッシュケースが付属しているので、上の写真の通り、コンパクトにスッキリと収納することができます。

ユニフレーム fan5 DX

セット内容は、下記のとおりです。

ステンレス大鍋
ハードな使用に耐える1mm厚のステンレス製の大鍋。約5.5Lの容量は、多量の種類の茹で上げも可能。
約φ230×145mm、約5.5L

ステンレス片手鍋
1mm厚のステンレスに丈夫な折り畳みハンドル。スープなどもたっぷり作れる約2Lの容量。
約φ170×90mm、約2L

ライスクッカーDX
難しい火加減のタイミングを「カタカタ」とフタの動きが知らせ、誰でも上手にご飯が炊けるライスクッカーは、フッ素加工の2mm厚のアルミニウムで、こびりつかずお手入れも簡単。
約φ210×115mm、約3.2L、2~5合炊き、アルミニウムフッ素加工

フライパン
拭き取るだけで、連続調理のできるフッ素加工のフライパンは、2mm厚のアルミニウム製で、抜群の熱伝導。大鍋のフタもピッタリ使え、デリケートな料理もOK。ハンドルの取付部もガッチリしたアルミダイキャスト製。
約φ225×50mm、アルミニウムフッ素加工

メッシュバスケット
麺類の茹で上げや水切り、洗い物にも活躍し、大鍋とピッタリサイズのステンレス製メッシュバスケット。
約φ210×110mm

今回購入した「DX」は4~5人向けのセットということですが、2~3人向けの「fan5 duo」というセットもあります。)

ユニフレーム fan5 DX

というわけで、早速使ってみたいと思います。

まずは、ご飯を炊くために「ライスクッカーDX」に米と水をいれて30分くらい置いておきます。(写真では見にくいですが、炊飯用の目盛りが付いているので安心です。)

ユニフレーム fan5 DX

もちろん、ガスで炊いても良いんですが、せっかくなので、庭に作った焚火場で使ってみようと思います。

ユニフレーム fan5 DX

初めは強火にかけて、フタがカタカタと動き出したら弱火にします。湯気がおさまったら火から下ろして、そのまま5分くらい蒸らせば完成。美味しいご飯が炊けているハズです。

ユニフレーム fan5 DX

カレーは大鍋を使いました。さすが、家族で食べる分のカレーを作るにはちょうど良いサイズですね。

ユニフレーム fan5 DX

初めての挑戦でしたが、ご覧の通り、とっても美味しそうにできあがりました♪

ユニフレーム fan5 DX

子ども達と一緒に庭でワイワイと食べるランチ!何よりも美味しく、最高に幸せな時間です♪

商品紹介

ユニフレーム(UNIFLAME) fan5(ファンゴ-)DX 660232
UNIFLAME(ユニフレーム)
売り上げランキング: 10,798

ユニフレーム(UNIFLAME)fan5duo(ファンゴーデュオ)
ユニフレーム(UNIFLAME)
売り上げランキング: 29,522